遠隔監視装置「リスク回避サービス」

遠隔監視でリスク削減!

電力で動くものがあるということは、故障や事故につながるリスクがあるということです。どんなに気を使っていても、機械というものは劣化 していくため、気づかないうちに大きな事故を起こしてしまう。そんなことがあるかもしれません。 遠隔監視装置の導入により、どこにいたとしても、異常が発生すればすぐにお知らせが届きます。大きな事故になる前に、被害を食い止めるこ とが出来るのです。

太陽光発電装置×遠隔監視装置でリスク回避!

太陽光発電の監視制御

  • ・太陽光発電の発電量を監視し、クラウドに蓄積しサイネージとして確認することが出来る。
  • ・逆潮流を監視し、RPR(逆潮流防止リレー)が動く前に出力制御を行う。

蓄電池充放電機能

  • ・エネマンマネージメントシステムが需要家のデマンドを監視しており
    設定したピークを越えようとするデマンドに対して放電を行いデマンドを抑えることが出来る。
  • ・太陽光発電の電力を直接直流で蓄電池に貯めることが出来る。
  • ・停電時、自立運転を行い蓄電池に貯められた電力を供給することが出来る。

デマンドコントロール機能

・空調機の室外機に対して出力制御を行うことが出来る

太陽光発電の監視制御

エネマンマネージメントシステム

  • ・すべての機能をマネージメントし通信端末を通しクラウドに情報を蓄積する。
  • ・機能にエラーが発生するとクラウドからメールによりアラートを発信する。
  • ・管理画面から運転状況から過去のデータを抽出することが出来る。
  • ・バーチャルパワープラントの制御をサーバーから通信にて行うことが出来る。
エネマンマネージメントシステム