申し込みフロー・メンテナンス

太陽光発電お申し込みの流れ

step1

ご相談・お問い合わせ

まずは気軽にお問い合わせや資料請求をして頂き、ご不明点やご不安な点をご質問下さい。

ご相談・お問い合わせ
step2

発電シミュレーション
設計・お見積り

本格的に導入のご意志ができましたら、お客様の環境を詳しくヒアリングさせていただき、お見積もりをさせて頂きます。現地調査によって、設置する土地や施設に最適な設計と発電シュミレーションもさせて頂きます。こちらは無料で行わせていただきますので、ご安心して様々な角度から、ご要望の発電設備を考えていただけます。

発電シミュレーション設計・お見積り
step3

各種申請

太陽光発電によって売電を行うためには、経済産業省の認可と電力会社への申し込みが必要となります。また土地によっては農地転用・開発許可など様々なハードルが考えられますので、しっかりと確認しクリアしていきます。

各種申請
step4

ご契約
スケジュール

費用やシュミレーションなど、ご提案内容にご納得いただきましたら、正式にご契約をいただきます。この時点で機器の発注や電力会社との調整などスケジュールを固めて参ります。また工事に際して近隣や自治体の方々へのご挨拶をまわり、ご理解いただくことも大切にしています。

ご契約スケジュール
step5

太陽光パネル設置・施行

施工技術者や機材を現地へと運び、設置をはじめて参ります。弊社は産業用太陽光発電においては、長い実績と経験がございます。安心して施工経過をお待ち頂ければと思います。

太陽光パネル設置・施行
step6

お引き渡し

電力会社との受給契約、各種検査などを経まして納品させていただきます。お客様の運用についてや管理の仕方などを詳しく説明させていただき、発電までお待ち頂ければと思います。

お引き渡し
step7

太陽光発電開始

各種手続きが終了したら、発電を開始していきます。弊社はお客様の長期的パートナーとして、アフターフォローも万全です。保険のご紹介・保証関連の手続き・初年度の点検なども含め、運用中もお客様をフォローして参ります。

太陽光発電開始

太陽光発電は定期的な
メンテナンスをしましょう!

どうしてメンテナンスが必要なの?

太陽光発電でメンテナンスが不可欠とされる理由は、経年劣化によって太陽光モジュールの発電効率が低下するためです。太陽光モジュールのメンテナンスをしなかった場合、設置後10年を経過すると平均で発電効率は95~97%に低下し、さらに20年後には80~85%台にまで下がります。
発電効率の低下は、発電量の低下につながります。太陽光発電設備は、屋根の上や住宅から離れた場所が多く、日々のメンテナンスや目視での確認が困難です。そのため、定期点検などでトラブル・故障の早期発見に努める必要があります。

どうしてメンテナンスが必要なの?

発電効率が落ちる原因

01

太陽光モジュールに付着したごみ

雹や落雷、台風による飛来物によって発電不良になるほか、鳥の巣や糞、ごみやほこりなどが太陽電池モジュールの表面に付着することで発電効率が数%低下することもあります。

太陽光モジュールに付着したごみ
02

パワーコンディショナーの故障

太陽光発電設備の中でも故障が多い機材は、パワーコンディショナーです。パワーコンディショナーの換気フィルターがホコリやゴミなどで目詰まりを起こし、トラブルになるケースがあります。それ以外にも、故障の原因として多いのが、ヒューズ切れです。ヒューズ切れが生じると、発電量が急激に下がり、発電不能になります。パワーコンディショナーには、高圧の電流が流れているので、ヒューズ交換は専門の業者に依頼する必要があります。

パワーコンディショナーの故障

定期的なメンテナンスをすることで、
効率を落とさず、太陽光発電を長く使用することが可能です!

詳しくはお問い合わせください。